【講演・トークライヴ】

 

2011年から「アドヴェンチャー・ランナー」という肩書で、世界五大陸4万キロ(現在1万6637キロ、残り3大陸で2万3363キロ)を走るランニングの旅を続けて今年で6年めに入りますが、元教師であった私にはもう一つのミッションがあります。

四半世紀に渡る教育現場と世界を走りながら旅してきた経験を通じて、私が次世代に伝えるべきことは…

1)夢を持つこと

2)夢の実現に向けてチャレンジすること

3)今まで知らなかった自分自身と出会うこと

4)平和な世界を実現のために有為の人となること

いずれも生きていく上でとても大切で価値のあることばかり。

冒険とは、個人レベルで考えるならば、どんなものであってもいいのだと思うのです。

達成感を得られるのであれば冒険は冒険、チャレンジもまたチャレンジ。

「できない」を「できる」にするために、まずは「やってみる」ことから。

意志が不可能を可能にする。

求められるのはチャレンジ精神…「やればできる!」という発想。

どんなこともやってみなければ分からない。やってみてダメで元々、うまく行けば儲けもの。

やってやれないことはない、やらずにできるわけがない。

成功や失敗よりも、チャレンジすることそのもの、そのプロセスに価値を見いだせればそれはそれで十分。そこからきっと学ぶべきことが見つかるはず。

オモロイ大人、変わった大人が子供たちにいい刺激を与えられるのであればそれも素晴らしいこと。

学校を対象とした講演では、小学校高学年から中高生を対象にお話しさせてもらっています。

テーマは…

1)生きる力

2)夢を持とう、旅に出よう、チャレンジしよう

3)一歩踏み出す勇気を

4)旅人がつくる世界平和

といったものが挙げられますが、学校の教育理念や教育方針に合わせて柔軟に対応させてもらっています。

講演のみならず、総合学習、ホームルームなどの時間を通じて、子供たちの生き方・考え方に少しでもプラスになるようなヒントを提供していきたいと思います。

学校関係者(校長先生・教頭先生、PTA役員)の皆さん、ぜひアドヴェンチャー・ランナー高繁勝彦にお声掛け、よろしくお願い致します!

校長先生・教頭先生・PTA役員をされている方、教育委員会はじめ学校・教育関係者の皆さん、チャンスを頂けるのであればぜひご連絡頂けますでしょうか。

企業を対象とした講演・セミナー、あるいはランナー対象の走友会やランニングクラブ(10名以上)、マラソン大会での講演、個々の家庭に出張しての出前トーク等もお受けしています。

いずれにしても、私の経験をシェアさせて頂くことで、皆さんのインスピレーションを刺激し、モチヴェイションアップにつながるのであれば嬉しく思います。

そしてまた同時にこれが私のチャレンジの活動を展開していくベースにもなって行きます。

みんなとつながる、みんながつながるPEACE RUN、アドヴェンチャー・ランナー高繁勝彦とぜひつながってください!

 

また、レースや大会でのゲストランナーとしてもお招き頂ける機会がありましたらぜひお声掛けください。よろしくお願い致します。

  

 

講演・トークに関するお問い合わせはいずれもこちらからお願い致します。